求人情報はリードエス人材で。リードエスでは上海/蘇州の求人情報を中心に皆様にお届けします。中国・上海で転職、就職を希望する皆様のサポートをいたします。

Lead-Sリードエス人材
求職者の方へ〜Lead-Sリード・エス

〜上海就職事情〜

  • 概況
  • 上海で働く
  • 上海で暮ら

■ 概況

就労概況

 現在は、上海・蘇州での求人の多くが現地採用です。日本採用の募集は少なく、日系企業各社も、コスト面の問題から駐在員を減らし、現地採用職を増やす傾向にあります。その分現地採用職では、若いうちから日本では任せられることのない重要な仕事を経験できるというメリットもあります。

中国での現地採用職は、基本的に1年契約が多く、まれに2年、3年の契約もあります。日本人でも、中国の労働契約法に準じ就労します。

語学

 中国語が話せる方は、様々なポジション、可能性から仕事を探すことが可能です。逆に言えば、中国語を話せない場合、就職先はかなり限られてしまうと言えます。まずは、仕事に支障がないレベルの中国語を身に付ける必要があるでしょう。(ただし経験豊富なシニアの方の場合、語学力は問われないことが多いです。)

 また最近は、上海にある欧米企業が、日系顧客対応のために日本人を募集するケースが増えています。欧米企業の場合は、中国語はもちろん、コミュニケーションレベルの英語も要求されます。

求人企業

 以前は、日系企業は製造業・メーカーがその大半を占めていましたが、国内市場の成熟に伴い、様々な日系企業が進出し、現在では就職先も多様化しています。求人企業の割合としては、メーカーが5割以上を占め、その他貿易商社、物流、サービス、IT、コンサルティングなどがあります。

(右図:業種比率リード・エス社内調べ)

募集職種

 営業職が圧倒的に多く、求人募集の6割以上を占めます。その他、事務、生産管理、購買職などで日本人現地採用が必要とされています。

(右図:職種比率リード・エス社内調べ)


■ 上海で働く

給与相場

 現地採用の給与は、スキル次第で大きく変わってきます。近年では、現採の方に中国現地法人の管理を任せるケースも見られ、特に40〜50代の中国ビジネス経験が豊富な管理職の場合、日本で働くのとそう変わらない額の給与を支給することもあります。

≪一般的な相場≫
・20代/営業経験2年/中国語ビジネス会話レベルの場合   10000〜12000元前後(手取り)
・30代/生産管理4年/中国語日常会話レベルの場合    13000〜16000元前後(手取り)
・60代/工場管理経験豊富/中国語初級レベルの場合    20000〜30000元前後(手取り)

また、中国では給与が手取り額か税込み額かにより、非常に差が大きくなりますので、採用面接時に必ず確認が必要です。

試用期間

2008年1月より施行された新労働法により、試用期間が変更されました。
  試用期間
● 3ヶ月以上1年未満 の契約の場合 最長1ヶ月
● 1年以上3年未満 の契約の場合 最長2ヶ月
● 3年以上 の契約の場合 最長6ヶ月以下

(第十九条)


また、試用期間中の給与は正式採用給与の80%を下回ることはありません。(第二十条)

就業ビザ

 上海で働くには就業ビザ(通称Zビザ)を取得する必要があります。(Lビザ、Fビザでの就業は認められていません)Zビザの申請費用はほとんどの企業では会社負担です。ただし取得に際して一度日本に戻る際の渡航費用は、個人負担の場合が多いです。
 労働ビザを取得すると1年間労働する権利を保証され、更新は何度でもすることが可能です。(更新する場合は雇用証明が必要になります。)

 申請には求人職種同様の職務経験が必要となり、上海においては「同様の職歴を二年以上持っていること」が条件となっていますが、他地域においては同様の職歴がない人でも、専門知識を有することが証明できる職歴・学歴、資格などがあれば就労ビザを取得出来るケースもあり、地域によって取得基準は異なります。

※手続きについては突然変更される場合があるため、詳しくは就業地域の各政府機関へお問い合わせ下さい。

個人所得税

 中国の個人所得税とは、中国国内に住所があり(戸籍・家庭・経済利益関係等により中国国内に在住している者)、または中国国内に 1 年以上(国内収入が 1 年未満の者も含む)居住している個人が中国国内外で得た収入に対して課されます。

所得税は給与額に従い、下記の適用税率によって計算されます。(外国人の場合、基礎控除額は4800元)

給与課税所得(給与−控除額)

適用税率(%)

速算控除額

0〜1,499

3

0

1,500〜4,499

10

105

4,500〜8,999

20

555

9,000〜34,999

25

1,005

35,000〜54,999

30

2,755

55,000〜79,999

35

5,505

80,000〜

45

13,505


例えば、税込み給与額を15,000 元とした場合、所得税は
所得税額=課税所得額(当月給与額−4,800元)×適用税率−速算控除額
例)(10,000−4,800)×20%−555=485元
よって手取り額は 10,000−485=9,515元( 元 ) となります。

保険

 現地採用では日本の福利厚生はほとんどつきませんが、勤務先の企業側が外国人従業員のために海外旅行保険・国内団体総合医療保険を付与してくれる場合があります。

海外旅行傷害保険

 海外旅行先で病気になったりケガをしたり、誤ってものを壊してしまったときなどにかかる費用を補償する損害保険です。キャッシュレスで治療を受けることができ、しかも日系クリニックでも治療を受けられるので、安心な保険です。加入には、本人の日本での申し込みが必要で、保険料は一年で10〜15万円ほどです。(保障内容は保険により異なりますので、詳しくは各代理店までお問い合わせ下さい。)

国内団体総合医療保険

 勤務先の企業が、企業単位で加入する保険です。しかし、キャッシュレスではなく、中国国内の指定病院でのみ適用されます。(日系クリニックでは使えません)また、治療費の1〜2割程度は自己負担になってしまうため、海外旅行保険に比べて便利さの面では劣ります。(保障内容は保険により異なりますので、詳しくは各代理店までお問い合わせ下さい。)

転職アドバイス

 上海には多数の日系企業が進出しており、中国語のできる日本人の求人は後を絶ちません。事実、多くの企業で日本人が求められており、引く手あまたという求職者もいらっしゃいます。
 ですが、ただ中国語が話せるだけでは、この上海の地では、日本語の話せる中国人には勝てません。日本人が求められる理由としては、取引先や顧客が日本人のため、日本人ならではのきめ細やかな対応、ビジネスマナーを要求されるため、というものが最も多いです。この点で、日本で同様の職歴を持っている業界へは、非常に転職がしやすいと言えます。

 また、「ただなんとなく」上海にいる方では、いくら中国語が流暢でも採用はされません。自分のキャリアプラン、3年後の目標をはっきりと持ち、行動できる方が求められています。


■ 上海で暮らす

上海の治安

 全体的に上海の治安は安全です。ほとんどのマンションには警備員が常駐していたり、街中に警察官がパトロールしています。その結果、夜中に女性が一人歩きしている姿もよく見かけます。実際に生活するとしたら、新宿や渋谷などよりも安全なのかもしれません。ですが、やはり異国の地、充分安全には気をつけましょう。


▲上海の市場

上海の生活

 次々にデパートや大型スーパーも新しく建てられていて、基本的には欲しいものは何でも揃います。日本料理屋も至るところに見られるようになりました。しかしもちろん、違う点もいくつかあります。1〜2元で食べ物を買える露店が毎朝たくさん並んでいる、歩行者よりも自動車が優先される、などには最初はビックリするでしょう。でもその中で最も大きな違いは、やはり上海の人たちの人柄です。自分の正直な気持ちをダイレクトに伝え、何に対しても興味を示し、みんなエネルギーに満ち溢れた毎日を過ごしています。一方で、天気の良い休日には道端で碁を打っていたり編み物を編んでいたり、のんびりと生活を送っている様子があちこちで見られます。このような環境に身をおくだけで、自分も刺激され、エネルギーをもらい、充実した生活を送ることができるのです。


▲明代の中国式庭園・豫園「湖心亭」


住居

 上海の物件には、『ローカル』と『外国人向け』の2種類があります。ローカル物件は現地の上海人向けの物件なので、月1,500~4,000元程度で安く借りることが出来ますが、部屋のつくりが雑なところがあり、トラブルも比較的多く見られます。一方、外国人用物件は、外資企業の駐在員を対象にした物件で、値段は1000〜1400米ドル程度とかなり高額になりますが、部屋の作りはしっかりしています。また、日本と違い、中国の住宅は、部屋に冷蔵庫などの電化製品や家具が備え付けられている為、必要なものさえ持っていけばすぐに生活できる状況にあります。住居選びに当たって、最低限チェックしておきたいポイントを紹介します。

◆住居選びの際のチェックポイント◆

・  ガス湯沸かし器の位置を確認する。よく室内や寝室に隣接している場合は、一酸化炭素中毒になる危険があるので要注意。ガスをつけて、正常に動作するかどうかや、換気が万全かを見る。
・  家具のつくりはしっかりしているか。クローゼットや箪笥の扉を開け閉めして、雑に作られていないかチェック。
・  隣の部屋や上下の部屋からの騒音はないか。壁を軽く叩いて確認。
・  部屋に隙間風が入ってこないか。また、鍵がちゃんとしまるかどうか。
・  住居の防犯は大丈夫か。階下に警備員・管理人がいるかどうか。

 上記の点は満たされている場合が多いですが、物件によって様々です。上海で快適な生活を送る為には、まず快適な住居選びが大切です。慎重に物件を選ぶようにしましょう。



↑今すぐ登録!上海のお仕事探し!

中国転職マニュアル

<上海本社>

 
  • 021-33538700
  • 021-33538766
  • 上海市天山路310号
    海益商務大廈8楼AB室

<東京支社>

 
  • (株)リード・エス
  • +81-3-6264-8881
  • +81-3-6264-8882
  • 東京都中央区日本橋小伝馬町16-5 新日本橋長岡ビル10階

<大阪営業所>

 
  • (株)リード・エス
  • +81-6-7878-6942
  • +81-6-7878-6737
  • 大阪市中央区谷町2-3-1 第2ターネンビルディング5階

>>蘇州の就職/転職案内


カモメ中国転職

NC network China _ 挑戰する製造業のために

ウェネバー人材

SUPERCiTY

中国留学するならJAC